LINEでよくありがちな疑問点まとめ2

LINEよくありがちな疑問点まとめ2

もはやスマートフォンを持っていない年配の方ですらLINEの名前くらいは知っている、そんな時代にさしかかりました。LINEは今や連絡ツールとして必須アプリにまで成長しています。

LINEは、ユーザーにとってわずらわしい部分がうまく隠してあり特にわからなくてもそれなりに使えてしまうため、仕組みをあまり理解しないで利用しているユーザーがたくさんいます。このためトラブルが絶えることはありません。

今回は、LINEをやるうえでよくありがちな疑問、このブログに寄せられた質問などをまとめてみました。前回の記事と同様に参考になれば幸いです。

LINEでよくありがちな疑問点まとめ

スポンサーリンク

友だち関係の疑問

友だち関係の疑問

「友だち自動追加」と「友だちへの追加を許可」の違い

LINEの設定内にあるふたつの設定、「友だち自動追加」と「友だちへの追加を許可」。言い回しがなんとなく似ているため混乱している人も多いです。この2つの設定の違いを覚えておく必要があります。

友だち自動追加

自分のアドレス帳に登録してある連絡先をLINEサーバに上げて、すでにLINEサーバ上で管理されているリストと照合し、一致するものがあった場合、その連絡先を友だちとして自分のリストに自動で追加する機能。

友だちへの追加を許可

自分の電話番号をLINEサーバに上げて、LINEサーバ上で「友だち自動追加」によって自分の連絡先を上げている人と一致したら自分を相手の友だちリストに自動的に登録させる機能

「知り合いかも?」になる条件

以下のふたつの条件に該当する人が「知り合いかも」に入ってきます。

  1. 相手が自分を何らかの方法で友だちとして追加したとき
  2. 相手と同じグループに参加したとき

友だちに登録後に削除した場合

友だちリストに登録後、自分が相手の電話番号を消したり、友だちから削除したりすると相手のLINE上ではどうなるのでしょうか。
相手のLINEリストに自分が入ってしまった場合、自分の端末で相手を削除等操作しても相手の端末の情報を変えることはできません。

メールアドレスだけを知ってる場合

LINEの仕様として、基本的に電話番号でアカウントを認識して繋がる仕組みになっています。電話番号を端末の連絡帳に入れていない状態だと友だちとして自動認識できません。

相手のメールアドレスのみ知っている場合、メールアドレス宛にLINEの招待メールを送ることはできます。

アカウント、登録関連の疑問

アカウント登録関係の疑問

LINEの引き継ぎに必要なもの

LINEは端末が自動でログイン

LINEは一度端末にインストールして登録すると、次回からログインが必要ないため、長年使用しているとアカウントにログインして使用している、という概念を忘れがちです。

「LINEはアカウントにログインして使用している」

これを忘れないで下さい。ログインの画面が表示されないのは、設定された端末が自動的にログインしているからです。

「引き継ぎ」とは新機種で新たにログインする手続き

新機種へのLINEの引き継ぎ、というとなんだか大げさですが、要は新しい端末から自分のアカウントにログインしているだけなのです。一般的に考えてもログインにはID(もしくはメールアドレス)とパスワードが必要ですよね?

LINEの引き継ぎには以下のふたつが必要になります。

・メールアドレスもしくはFacebookアカウント
・パスワード

「アカウント引き継ぎ設定」について

いつからか、設定の中に「アカウント引き継ぎ設定」という項目が増えました。

名前と説明文からしてとても紛らわしいですが、これはアカウント引き継ぎの際にONにすれば新機種へ引き継げる、という趣旨のものではありません。この設定をONにする必要のある人は以下に該当する方のみです。

  1. 機種変更で電話番号が変わる人
  2. 電話番号登録ではなくFacebookアカウントでログインしている人

これ以外の方は、引き継ぎにはやはりメールアドレスとパスワードが必要になりますので、引き継ぎ前に登録の確認をしてください。

電話番号以外での友だち登録するには

電話番号を知らない場合、教えたくない場合など、電話番号以外で友だちリストに追加する方法は4つあります。

【ふるふる】で登録

端末の位置情報サービスを起動した状態で近くにいる友達同士でお互いの端末を「ふるふる」と振ることで近くにいるアカウントを認識します。お互いに友だち登録完了になると友だちリストに追加されます。

【QRコード】で登録

相手にQRコードを表示してもらい、LINEアプリ上のQRコードリーダより読み取って友だち登録できます。相手が近くにいない場合、メールなどでQRコードを画像添付してもらって読み取ることも可能です。

【ID検索】で登録

LINEでIDを作っている場合、IDを検索することで電話番号を知らなくても友だちを検索して登録が可能です。ID検索で知らない人と関わりになってしまう場合があるので、IDを作成した場合は、利用するとき以外はID検索を許可しないほうが良いです。

【グループに参加】

グループに参加すると、同じグループに参加しているメンバーを友だちとして追加できます。

電話番号がなくてもLINEはできるのか

はじめてLINEを利用するためにはアカウントの新規作成が必要です。

LINEの新規登録方法は大きくわけて2種類あります。電話番号がなくてもFacebookアカウントを持っていればLINE登録できます。

  1. 電話番号認証で登録する方法
  2. Facebook認証で登録する方法

電話番号もFacebookアカウントもない場合

実は端末に電話番号がなくてもSMSを受け取ることのできる電話番号があれば登録できます。無料でSMS用の電話番号を取得できる海外サービスもあるため、これらを利用すれば登録することは可能です。あくまでも自己責任ですが。

一つのアカウントでiPhoneとAndroid、同時利用したい

同一アカウントでは複数の端末では利用できません。

iPhone(もくしはAndroid)とPCであれば同時利用できます。PC版のLINEはあくまでもスマートフォン版がメインのサブ的な扱いです。スマートフォン版のLINEでアカウントを作成後、PC版でログインして利用します。

LINEを始めたことを知られたくない

LINEを始めた時に、自分の番号を知っている人に自分を登録されたくない、LINEを始めたことを知られたくない、という方もいます。そんな方は、以下の1-A、1-Bのどちらかを行ったあと、2を行う必要があります。

1-A、LINEインストール前に、自分がLINEを始めたことを知られたくない人の電話番号を端末の連絡帳より削除する

1-B、「友だち自動追加のチェック」を外す

2、「友達への追加を許可」のチェックを外す

1-A について
人を友だちに自動的に追加しないようにします。友だちに自動追加してしまうと、相手のLINE上に「知り合いかも?」と表示が出てしまうので結果的にバレてしまいます。

1-B について
LINEで繋がりたくはないけど、相手の電話番号は消したくない場合に有効。
自分の電話帳に登録してある電話番号を友だちとして自動登録しない設定です。LINEを始めても誰も友だちとしてLINE上に出てこなくなります。友だちとLINEで繋がるには一人ずつ個別に「ふるふる」などの方法で登録していくしかなくなります。

2 について
相手がLINEを始めていて、かつ自分の電話番号を知っている場合、このチェックを外しておかないと、いくら自分で相手を登録しない設定にしていても、相手の友だちリストにアナタの名前が登録されてしまいます。




トーク関連の疑問

トーク関連の疑問

iPhoneでトーク履歴の引き継ぎ

iPhoneでは新機種へトークの引き継ぎはできません。

iPhoneのバックアップ、復元機能でトーク履歴を引き継ぐことはできるようですが、サポート対象外です。Android→iPhone、またはその逆なども引き継ぎできません。

テキストデータとして保存はできるので、無くしたくない重要なトークデータはテキストで保存することをオススメします。

Android端末同士でトークの引き継ぎ

Android同士であれば、当ページの方法で引き継ぎが可能です。ただし、ファイルやフォルダの概念、コンピュータ操作に関する最低限の知識は必要です。

過去に読込が延々と終わらない、という報告がありました。トークの量によってはそういったこともあるのかもしれませんが、こちらではまだ確認できていません。情報をお持ちの方はコメントなどいただければ幸いです。

LINEトーク履歴のバックアップ、アカウントを移行して新機種へ復元するまでに行ったこと

トークを削除した場合、相手側のトークも消える?

トーク履歴は基本的には端末保存のため、自分の端末でトークを削除しても相手の端末上には反映されません。

死ぬほど恥ずかしいトークを相手に送ってしまった場合、死ぬほど恥ずかしい思いをして相手にトークの削除依頼を出すしかありません。

当ブログはロリポップサーバを利用して運営中です
当ブログはロリポップサーバーを利用中です。 ロリポップはこれからブログを始めたい初心者の方でも100%安心してサポートしてくれる心強いレンタルサーバーです。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。