ブログ入力を劇的に効率よくするMacのショートカットキー

MacbookProを使ってブログを書くことが多くなってきたので、メモがわりとしてテキスト入力に特化したMacのショートカットキーをまとめてみたいと思います。

mac

基本的にはMacの場合、CTRLキーの使い方ひとつで作業効率が上がります。ここで紹介するショートカットキーは個人的にオススメしたいショートカットキーです。意識せずに使いこなすことができれば、Macにおけるテキスト入力が劇的に向上すると思います。

スポンサーリンク

ブログ入力を劇的に効率よくするMacのショートカットキー

ショートカットキー

CTRL + D

WindowsではDELETEキーと同等のショートカットです。現在カーソルのある位置から後ろの文字を一文字消します。

Macの場合、DELETEキーはカーソルより前のキーを消すボタン(WindowsでいうところのBackSpaceキー)と同等の動作をします。Windowsと同等のDELETEをしたい場合には、「fn+DELETE」を押さなければならないのですが、いちいち「fn」を押すのは面倒なのでこのショートカットが便利です。

CTRL + H

WindowsではBackSpaceキーと同等のショートカットです。現在カーソルのある位置から前の文字を一文字消します。MacではDELETEキーに相当します。

CTRL + A

カーソルを行の先頭に持っていきます。行のはじめに何か入れたい場合などに重宝します。後で出てくる「CTRL+K」と組み合わせることで行を一気に消すなどといった組み合わせ技にも利用できます。

CTRL + E

カーソルを行の最後に持っていきます。ブログ記事の入力時に、行の先頭や途中の誤字脱字などを修正した後、続きを入力したい時に重宝します。

CTRL + K

現在カーソルのある位置からその行の終わりまで一気に削除します。DELETEキーを連射して削除するような場面にとても重宝します。

CTRL + AK

押し方はCTRLキーを押しながら「A」を押して、その後に「A」を離してそのまま「K」を押します。「CTRL+A」と「CTRL+K」の組み合わせで行を一気に削除したい場合に利用します。

CTRL + SHIFT + E

現在カーソルのある位置から行の最後までを一気に選択状態にします。「CTRL+A」の後に使用してそのまま「Command+C」で行を一気にコピーしたりなんて時に使います。

Macのショートカットキー まとめ

ショートカットキーは慣れるととても便利です。ただし、慣れるまではうまく入力できなかったりしてイライラする日々が続きます。

慣れないうちや、入力を急ぐ時など、どうしても自分が知っている簡単な方法に逃げてしまいがち、なんですけど、そういう時こそ逆に一度立ち止まって考えます。自分が普段知っている楽だけれども遠回りな方法をまず封印して、ショートカットキーを意識して積極的に使っていくように努力します。

こうして日々悶々としながらショートカットキーを繰り返し使い込んでいくと、あるところから不思議と指が自然に動くようになってきます。体が覚えてきます。意識しないで指が動くようになってきた時、入力効率は以前の倍くらいになっていたりします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。