Windows標準機能で画面のスクリーンショットをとる方法

Windowsには画面をスクリーンショットできる機能が標準で備わっています。今回はこのスクリーンショットを撮る(画面のキャプチャ)機能についてご紹介します。

スポンサーリンク

Print Screen (プリントスクリーン)を使う

Print Screenキー単体で全体キャプチャ

キーボードのPrintScreenボタンを押すだけで画面全体のスクリーンショットが一瞬で保存されます。

デスクトップ画面全体のスクリーンショット
PrintScreen 全体のスクリーンショット

スクリーンショットとしてキャプチャした画像は、クリップボードに保存されているので、ペイントなどの画像編集ソフトを立ち上げて、そのまま「貼り付け」するだけで画像として取り出せます。

Alt + Print Screenキーでウィンドウだけをキャプチャ

先程のPrint ScreenキーをAltキーを押しながら実行すると、現在アクティブなウィンドウ全体のスクリーンショットが保存されます。

ウィンドウのみのスクリーンショット
Alt+PrintScreen ウィンドウのスクリーンショット

Snipping Toolを使う

あまり知られてはいませんが、Windowsには画面をキャプチャできる「Snipping Tool」というソフトが標準で付属されています。

このSnipping Tool自体は、実は昔からWindowsに搭載されていたんですけど、このSnipping ToolがWindows10になってから少しだけ進化して使いやすくなりました。

起動方法

Snipping ToolはデスクトップのWindowsロゴをクリック後に出てくるスタートメニュー内の「Windowsアクセサリ」内にあります。

Snipping Tool 起動方法

素早くアクセスするにはWindowsボタンを押してから「snip」と入れるだけで一致する検索結果としてすぐに出てくると思います。

Snipping Tool 起動方法2

キャプチャ方法

新規作成ですぐに画面のキャプチャをとることができますが、その前に新規作成の右横にある三角矢印をクリックしてキャプチャ方法を選択します。

Snipping Tool キャプチャ方法選択

Sinipping Toolのキャプチャ方法には以下の4種類が選べます。

自由形式の領域切り取り

マウスでドラッグして選択した任意の図形内をキャプチャします。

四角形の領域切り取り

マウスでドラッグした四角形内をキャプチャします。

ウィンドウの領域切り取り

各種ウィンドウやダイアログボックスなどを指定することで、そのウィンドウを丸ごとキャプチャします。

全画面領域切り取り

画面全体をキャプチャします。

遅延モード

Snipping Tool 遅延モード

Windows10になって追加された部分が遅延モードです。

ブログなどの説明記事にのせる画像を作成する際に、ウィンドウ内のメニューを開いた状態でキャプチャしたい場合がよくあります。

メニューを開いた状態でキャプチャしようとすると、マウスが離れてしまうためメニューが閉じてしまいます。

そんなときには遅延モードを1~5(単位は秒)に設定します。すると、カメラのタイマー設定のように、設定した秒数後に画面をキャプチャしてくれます。

1秒から5秒まで設定可能
Snipping Tool 遅延モード秒数選択

例えば5秒後に遅延を設定しておいて、新規作成を押します。画面がキャプチャされるまでに5秒タイムラグが発生するので、その間に目的のメニューを開いた状態を作ってキャプチャします。

ペン、蛍光ペンで入力できる

Snipping Tool メモ書き

ペンや蛍光ペンを使ってキャプチャした画像に文字などを書くことができます。ペンの色や太さはカスタマイズ可能です。

マウスでは書きにくいのでデスクトップ機だとあまり意味がないかもしれませんが、マイクロソフト Surface系のペンが利用できる端末ならちょっとしたメモ書きなどに利用できるのではないでしょうか。

マイクロソフト Surface Pro 4

保存形式は4種類

Snipping Tool 保存形式

保存形式として以下の4種類の型式に保存できます。

  • ポータブル ネットワーク グラフィックス ファイル(PNG)
  • GIFファイル
  • JPEGファイル
  • 単一ファイル HTML(MHT)




ウィンドウズでスクリーンショット まとめ 雑談

Snipping ToolとPrintScreenの違い

一見すると同じことをしているように見えるSnipping ToolとPrintScreenのキャプチャですが、両者は全く違います。

PrintScreenはクリップボードに保存するだけ

Print Screenは単に画像をクリップボードに保存するだけの機能です。画像を取り出すには別の画像編集ソフトを立ち上げて、貼り付けしてから画像形式として保存しなおす必要があります。

Snipping Toolはすぐに取り出し可能

Snipping Toolはソフト自体が画像キャプチャをして、そのまま画像型式を選択して保存できます。

状況によって使い分ける

どちらも結果として取り出せる画像は同じです。

最初から編集ありきな場合には PrintScreen でキャプチャして、編集ソフト側に貼り付けしたほうが都合が良いですし、画像だけほしいときや、一部分だけ切り取りたいときは Snipping Tool のほうが楽な場合もあります。

Snipping Toolは自分自身をキャプチャできない

この記事の説明画像用にSnipping Tool自体のウィンドウをキャプチャしようと思ったのですが、できませんでした。

結果的にSnipping Toolを立ち上げて、「Alt + PrintScreen」でウィンドウの保存をしました。そばアレルギーのそば屋、みたいな微妙な違和感はありますが。

結果的に、その時の状況によって両者をうまく使い分けるのが最善の方法なのではないかと思います。

当ブログはロリポップサーバを利用して運営中です
当ブログはロリポップサーバーを利用中です。 ロリポップはこれからブログを始めたい初心者の方でも100%安心してサポートしてくれる心強いレンタルサーバーです。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。