WordPressの管理画面(ダッシュボード)が真っ白になった時に行ったこと

ブログの更新ができない!

※このブログはレンタルサーバを借りて、WordPressによりブログ作成、運営しています。

ある日のこと、WordPress3.9の自動更新画面(WordPress3.9に更新してください)が出たので、何気にクリックしたところ、管理画面が真っ白になって何も操作できなくなりました。

スクリーンショットを撮っていないので、イメージ画像作りました。その時の管理画面は概ね以下のような状況でした。

管理画面が真っ白、そして頭も真っ白に
wordpress_trouble_001

危機的状況でした。特に何かをしたわけでもないのですが、突然、何も操作できなくなってしまった、という状況。たまたまコメントも頂いていたのに、返信はおろか、承認することすらできない。ブログの記事を新規投稿、編集、修正、することもできないといったお手上げ状態でした。

僕はそれほどWebの知識があるわけでもなく、まあ知識がないからWordPressを特にカスタマイズもせずに利用していたわけでして、そのWordPressがトラブってしまったらもうどうしようもない状況に追い込まれてしまいます。自分で作ったブログなのに自分で更新できない、これはもうちょっとしたホラーです。

今回はこのトラブルに対して、復旧するまでにアレコレと実に様々なことを行いました。おかげてほんの少しだけですがWordPressに詳しくなりました。まあいつもそうなんですけど、トラブルが一番の教科書なんですよね。

ネットで調べながら色々と試してみて結果的に復旧できたわけですが、今回は一番効果的だったことに的を絞って記事にしたいと思います。

WordPressを利用している方で、おそらく僕と似たような状況で管理画面が真っ白になってしまい、もうワラをもつかむ思いで情報収集している方がたくさんいると思います。事実昨日まで僕もそうでした。この記事が何らかの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

WordPressの管理画面が真っ白になった時に行ったこと

WordPress本体をだます再インストール
WordPressの管理ファイル(wp-config.php)を一瞬だけだまして、データベースが存在しない状態、つまりは初期設定状態にします。「だます」と表現したのは、データベースが存在しない、とWordPressを勘違いさせた状態で新規インストール、その後すぐに元の状態に戻せるためです。

この方法は覚えておくと何かトラブルがあった際のリセット技として今後も使えると思います。

FTPクライアントソフトを使ってサーバへアクセス

僕はFFFTPを利用しました。まずはFFFTPで自分のサーバーへ接続します。
FFFTP

http://sourceforge.jp/projects/ffftp/

wp-config.phpをダウンロード

wordpress_trouble_002

サーバーの「wp-config.php」を一旦ローカル側にダウンロードします。

wp-config.phpをテキストエディタで編集

Unicode/UTF-8に対応したエディタで開いてください。ここではUnEditorで開いてます。

UnEditor YokkaSoft

http://www.yokkasoft.net/

ファイル内にある?$table_prefix = ‘wp_’;? となっている部分を探します。ちなみに当ブログでは以下の画像のようになっていました。

$table_prefix 行(68行目)
wordpress_trouble_003

wp*_の*の部分に適当な名前をつける

wordpress_trouble_004

$table_prefix?の行をまるごとコピーして、そのまま追加で複写します。追加した行の「wp」の後の部分に適当な数字を付けます。この数字はデータベースを区別するものみたいなので、ユニークな数字で良さそうです。

元のオリジナル行の先頭部分に「//」を付けます。//はコメント行と呼ばれるもので、プログラム上読み込まれないようにするためです。オリジナルの行はWordPressを再インストール後に元に戻すため、ここでは消さないようにコメント扱いにしておきます。

属性変更してサーバー上のファイル上書き

ファイルをUTF-8形式で保存後、wp-config.phpの属性を変更して上書きします。FFFTPの場合は、ファイルを右クリック後、属性変更を選択して、書込の部分にチェックを入れます。

wordpress_trouble_005

WordPress管理画面で新規インストール

管理画面に入ると、WordPressが既存のデータベースを見つけられずに、初期設定画面になります。

wordpress_trouble_006

ここでブログ名、パスワードなどの情報を入力後、インストールしてください。すると、初期のWordPressダッシュボード画面にいけます。ブログ開設時に見た、ダミー記事がひとつだけあるあの懐かしい画面です。

wp-config.phpを元に戻して上書き

この状態だと、実際のブログがダミー記事だけのブログになっているので、すぐに元のデータベースに戻します。

ローカルに保存してあるwp-config.phpファイルを再度開き、【4】で編集した部分を元に戻します。複写して追加した行を削除し、元々あったオリジナル行の先頭のコメントアウトした部分(//だけ)を削除します。

削除後、再度サーバー上に上書き保存します。保存後、すぐに属性は元の状態に戻してください。

帰ってきたダッシュボード…おかえりなさい

無事ダッシュボード画面に入れました。正直ここで涙が出そうでした。プラグインや記事など編集ができることを確認して終了です。

wordpress_trouble_007

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。