Windows8.1で起動時にデスクトップ画面を表示する方法

Windows8.1から、パソコンの起動時に、スタートのタイル画面ではなくデスクトップを直接表示する、という選択肢が増えています。今更な情報でちょっとアレなんですけど、実はこれ、意外と知られていないようなので今回記事にしました。

Windows8のリリース後、従来のデスクトップ画面で作業したいので起動時にいちいちスタート画面になるのは面倒臭い、という要望が多かったのかもしれませんね。今回は起動時に直接デスクトップ表示にする方法をご紹介します。

スポンサーリンク

起動時にデスクトップ画面を表示する方法(Windows8.1)

タスクバーを右クリック→プロパティ

デフォルトで画面下にあるタスクバー(アイコンなどが並んでいるバー)の何もない部分を右クリックして、プロパティを選択します。

desktop_view_000

ナビゲーションタブを選択

タスクバーとナビゲーションのプロパティウィンドウ内にある「ナビゲーション」タブを選択し、真ん中くらいにある、「サインイン時または画面上のすべてのアプリを終了した時に、スタート画面ではなくデスクトップに移動する」にチェックを付けます。

desktop_view_001

これでわずらわしい?スタート画面を表示することなく、すぐにデスクトップから作業を開始できます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。