Windows8のアップグレード版を簡単に新規インストールする方法

win8ssd_title

Windows8 Proのアップグレード版を新たに購入したSSDにインストールする、の続きです。前回の準備辺を読んでいない人はリンクよりどうぞ。

メインの自作機をSSD快速仕様のWindows8 Proにするために準備したもの

スポンサーリンク

Windows8のアップグレード版を簡単に新規インストールする方法

僕のメインの自作機には現状でWindows7が稼働しているので、今回はWindows8 Proのアップグレード版を購入しました。購入したのはアップグレード版ですが、実際には新しく購入したSSDを起動ドライブとしたいので、厳密にはアップグレード版をSSDに新規インストール、という位置づけになります。

で、こういった事例の場合、一度「以前のOS(今回でいうとWindows7)をSSDにインストールしてからWindos8を上書き」、という形でインストールしている人も多いと思うのですが、実際には一発でWindows8の新規インストール及びライセンス認証ができるので、その方法をご紹介します。

アップグレード版を使ってインストールする場合の注意点

アップグレード版を使ってインストールする場合、現状でWindows7、Vista、XPがインストールされたPC環境がある人が条件になっています。

Windows環境が手元にない場合にはアップグレード版を使って新規インストールをしてはいけません。Windows環境がない場合でも2回インストール(1回目のインストール後、2回目を上書きインストール)することでライセンス認証は通るらしいのですが、これはライセンス違反になります。Windows環境がない場合には、新規インストール版を購入しましょう。

Windows8のパッケージやライセンス云々については以前の記事を参照にしてください。

個人向けWindows8のパッケージやライセンスに関するまとめ

インストールに必要なこと

  • 以前のOS(Windows7,Vista,XP)がインストールされているHDDの接続
  • 新規インストールしたいHDDやSSDの接続

まず前提として、ライセンス認証が通る形で新規インストールするには、以前のWindowsがインストールされているHDDの接続が必要です。これはまあ普通にWindowsを使ってきた方であれば特に何もすることなく接続されてますよね。

次に新規インストールしたいHDDやSDD(今回の場合は新規購入したSSD)が接続されている状態が必要です。ここにWindows8をインストールするのでこれも当然です。ここまで確認できたらインストールDVDからWindowsを起動します。

Windows8のインストールDVDから起動する

これは実際に試していないのですが、稼働中のWindowsがあるならおそらく普通にDVDを読み込みさせればいけるような気がします。今回はよくわからなかったのでDVDドライブから起動させました。

DVDドライブから起動させるにはDVDドライブにWindows8のインストールDVDを入れて再起動します。再起動しても「普通に旧Windowsが立ち上がってしまう人」はBIOSの設定でブートの優先順位をHDDよりもDVDドライブを先に読みにいくように設定する必要があります。

Windwos8のロゴが立ち上がる
win8_ins_no1

DVDから起動させるとまずWindows8のロゴが出てきます。その後、言語やキーボードの設定をすると、ライセンス認証を行うためのプロダクトキーを入れて下さい、という画面になります。

プロダクトキーの登録
win8_ins_no2

購入したWindows8に付属しているプロダクトキーを入力します。

インストールする種類の選択

インストール種類の選択
win8_ins_no3

プロダクトキーの入力が終わるとインストールする種類を聞かれます。従来のOSに上書きする場合にはアップグレードを選択します。アップグレード(上書き)を選択すると、以前の設定及びソフト類が引き継げます。

今回のように、新規で別のHDDまたはSSDにインストールする場合にはカスタムを選択します。

Windowsをインストールする場所を選択

win8_ins_no4

次にどの領域にインストールするのかを聞かれます。今回の場合にはドライブ0(割り当てられていない領域)がSSDになるので、そこにインストールします。

ドライブ1は旧Windowsが入っていたHDDのことです。パーティション1は旧Cドライブ、パーティション2は旧Dドライブのことです。この辺は環境により変わりますので、わからない方はインストール前に接続されているHDDの容量などを確認しておくと良いです。

領域を選択するとWindows8のインストールが始まります。

インストール中
win8_ins_no5

Windows8初期設定
win8_ins_no6

Windowsのインストールは時間的には10分もかかっていないくらい?で終了しました。思っていたよりあっさりと終わってしまいました。PC名やログイン名、パスワードなどを設定したらすぐにWindows8が始まります。

当ブログはロリポップサーバを利用して運営中です
当ブログはロリポップサーバを使わせて頂いてます
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『Windows8のアップグレード版を簡単に新規インストールする方法』へのコメント

  1. 名前:なめこ 投稿日:2014/04/30(水) 18:18:16 ID:caa565ec3 返信

    このようにした場合、旧OSは残りますか?

    • sato001 名前:sato001 投稿日:2014/05/01(木) 16:20:48 ID:676327426 返信

      なめこ さま。
      旧OSとしての領域はそのまま残ります。
      ただし、旧OSが起動できるかどうかはわかりません。
      ライセンス的にはたとえ起動できてもNGな気はします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。