個人向けWindows8のパッケージやライセンスに関するまとめ

Windows8のパッケージやライセンスついて個人的にちょっと思うところがあったので調べてみました。将来的に必要となることなので自分用にメモしておきます。

win8_sato001

Windows8の種類

個人向けWindows8の販売エディションはWindows8Windows8 Proの2種類。ラインナップは大きく分けて以下の3種類とダウンロード版があります。

アップグレード版(32bit、64bit両対応)

従来のWindowsが入っているパソコンをWindows8に上書きインストールするためのものです。インストールするにはすでにライセンス認証された稼働中のWindowsOS搭載パソコンが必要です。アップグレード版1本につきパソコン1台アップグレードできます。
※アップグレード対応OS ・・・ WindowsXP(SP3)、WindowsVista、Windows7

DSP版(32bit、64bit別)

主に自作パソコンなどに利用されるマイクロソフトが販売する新規インストール用のものです。従来のDSP版はライセンス上、ハードディスクやメモリなどのPCパーツとセット購入して利用することが条件でしたが、Windows8からはOS単体での購入が可能となってます。

OEM版

メーカー製のパソコンなど、購入時からすでにWindows8などのOSがインストール済みのものです。Windowsは各メーカー毎にカスタマイズされています。この辺が割りと混同されているところなんですけど、Windowsと名前はついていても最終的にパソコンメーカーの方でカスタマイズされているWindowsなので位置づけとしては「マイクロソフトのライセンス認証を受けたメーカー製のWindows」となります。
※この場合、Windowsのサポートはマイクロソフトではなく、パソコンのメーカーになります。

OEM版かどうかの確認方法

「マイコンピュータ右クリック」→「プロパティ」で表示されるウィンドウ内にパソコンメーカーのロゴが入っていればOEM版。

または、同ウィンドウ内下の「ライセンス認証」のプロダクトID内に「OEM」の文字があればそのWindowsはOEM版。

windows8_001

ダウンロード版

MicrosoftのWindows8ダウンロードページよりアップグレードアシスタントをダウンロードして互換性の確認をするとダウンロード版を購入できます。現在搭載OSが32bitなら32bit版、64bitなら64bit版となるようです。追加料金で32bit版から64bit版への変更は可能らしいけどこれは未確認です。製品としてはアップグレード版のダウンロード販売といった位置づけになります。

ダウンロード版の価格(※2013/04/18現在)

  • Windows8 ・・・ 13,800 円
  • Windows8 Pro ・・・25,800 円

実際にやってみた例(旧ブログ)
Windows8入れました

Windows8 その他のパッケージ

Windows 8 ProPack

非常に紛らわしいですけど、これはWindows8搭載のパソコンをWindows8 Proへアップグレードするためのパッケージです。後述するWindows Media Centerもこのパッケージに付属しています。

このパッケージ単体では使用できないため、Windows8へのアップグレード版として間違って購入しないように注意。

Windows 8 Media Center Pack

Windows8 Proをインストールしたパソコンで、DVDを再生しようとした時に、コーデックが無いため再生できないようです。WindowsでDVD再生、テレビ視聴などを利用したい場合はこのパッケージを購入し、Windows Media Centerの機能を追加する必要があります。

Windows 8 Media Center Pack ・・・ 800 円

Windows8のライセンスについて

そもそもライセンス認証とは?

ライセンス認証は、利用しているWindowsが、マイクロソフトの販売する正規なWindowsのコピーであり、マイクロソフトのソフトウェアライセンス条項で許可されている台数で使用されていることを確認するためのものです。

ライセンスの移動について

Windows8ではOEM版の認証キーがBIOSごとのユニークなキーに変わる(らしい?)のでOEM版を別のパソコンで使用することはできなくなったようです。

要はメーカー製で、始めからインストールされていたWindows8 は他のパソコンにインストールできない、ということです。仮にできたとしてもこれはライセンス違反になります。

アップグレード版、DSP版のWindows8 は、別のパソコンにインストールしなおすことはライセンス上は可能です。(PCパーツを使用しなければダメ、という縛りはもうなくなった)

ただし、2台目にインストールする(ライセンスを別PCに移動する)場合には、最初のパソコンにインストールしていたWindows8は削除します。

このプロダクトキーは、既に別のPCで使用されています。別のキーを入力するか、新しいキーをお買い求めください。

ライセンスを移動した時によくありがちなこととして、上記のような威圧的なメッセージに負けてうっかりライセンス購入ボタンをポチりそうになるのですけど、ライセンス認証通ってなくても30日間は使用出来るので焦らないように。

ネットでの自動認証が通らない場合は、電話でオペレーターと直接話せばちゃんとライセンス認証してくれます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。