Eマウントレンズ SEL50F18を買いました。

NEX-5R用に初めてレンズを購入しました。SONYのEマウント用の単焦点レンズSEL50F18です。焦点距離が50mm、F値が開放で1.8というかなり明るいレンズです。

SONY E 50mm F1.8 OSS SEL50F18
sel50f18_title

スポンサーリンク

神レンズ SONY E 50mm F1.8 OSS SEL50F18

このSEL50F18は、よく神レンズなどと言われます。アマゾンの評価(SEL50F18)を見ていただけるとわかると思います。とにかくF1.8の背景ボケが美しくて明るい。それでいて安い。50mmという焦点距離の画角は少し望遠がきいた状態で、なれるまでは少し戸惑いますけど、慣れてしまったらまるで問題ないです。

下から
sel50f18_no2

横から
sel50f18_no1

フードをつけたらこんな感じ
sel50f18_no3

値段が安く、それでいて妥協のない画質、単焦点ならではの明るさ、Eマウントではカールツァイスが最強なんて言われてますけど、あれは高くて手がでない。もちろん欲しいんですけど、しばらくは無理。でもF値1.8クラスのレンズが欲しい、なんてなった時に、このレンズが候補に上がってきます。

NEX-5Rに関しては、標準レンズでも充分にキレイな写真が撮れるんですけど、やはり使っていくうちに別のレンズが欲しくなってくるものです。

NEX-5R(Eマウント)でド素人なりにこれだけは欲しいと思うレンズ3選

とにかく撮りたくなるレンズ

以前に書いた記事の中にド素人なりに欲しいレンズ3選とありますが、あれから色々とさらに勉強しまして、欲しいレンズが徐々に奇妙に変わってきました。

背景ボケの美しい明るい単焦点レンズがとっても素敵。これが単焦点レンズの魅力というものなんでしょうか。

単焦点レンズですから、当然ながらズームできません。ズームは自分で前後に移動して行うことになるんですけど、それがまた画角などを強制的に考えさせられるので勉強になるのです。楽しい。ほんとに楽しい。

このレンズに変えてからとにかく写真を撮るのが楽しいのです。しかもこのレンズ、これだけのスペックを備えながらも価格としてはかなり安いんです。

ちなにみにこのレンズのフィルターはこちら

これまではずっとAF(オートフォーカス)に頼っていたんですけど、このレンズに変えてからマニュアルで撮るようになりました。マニュアルで撮るのは慣れないとこれがなかなか難しいんですけど、ホワイトバランス、F値、ISO感度、シャッタースピードなどを変えてみると、ほんと色々な写真が撮れてとても楽しいのです。

暗所での撮影でもとても明るい

ちなみに、このレンズでF値を最大限に開放して、シャッタースピードも遅めにして、子供の寝顔を撮ってみました。フラッシュなし、光源は豆電球のみ、という中で撮影した写真です。

一眼は人間の目よりも明るい、なんて聞きますけど、この写真を見るとなるほど納得です。カメラとレンズだけでここまで世界が変わるのかと全くもって驚かされます。これ見るだけでもうこのカメラ買ってよかったなと思うわけです。

2枚の写真を載せておきます。

これは2台のカメラでほぼ同じ条件で撮影したものです。上の写真がNEX-5RにSEL50F18をつけて撮ったものです。下の写真はNEX-5Rが来る以前に我が家で主力だったコンパクトデジカメ(LUMIX DMC-ZX1)で撮影したものです。どちらもISO感度1600、フラッシュ無しです。

NEX-5R SEL50F18 ISO1600,F1.8,1/2秒
sel50f18_no4

LUMIX DMC-ZX1 ISO1600,F3.3,1/4秒
sel50f18_no5

ね。すごいですよね。ちなみにNEX-5Rの標準レンズでもISO感度、シャッタースピードをかなり遅めに調節して、ブレないように頑張ればそれなりに明るく撮れます。こういった設定方法がわかってくるとカメラはとても楽しくなってきます。

カメラ女子、なんて最近地味に流行ってますけど、僕なんかはカメラ男子になりつつある今日このごろです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。