新品同様のMacBookProを安く購入する方法

MacBookPro はっきりいって高いです。庶民にはとても手が出せない価格帯ですよね。

ちなみに、フルカスタマイズしたMacBookProを1台購入する金額で、同クラスのWindowsノートPCなら2~3台買えてしまうお値段になります。MacProにいたってはそれよりも遥かに上を行っていて「通貨はペリカですよね?」とにわかに疑いたくなるくらい ざわざわ します。

ビール350ml缶 地下では5000ペリカ
ビール350mlが5000ペリカ

ペリカとは

Apple製品全般に言えることですが、基本的に全て割高です。

それでもなぜだか欲しくて欲しくて辛抱たまらなくなるのがApple製品なのです。今回はそんなバカ高いMacBookProを実際に格安で購入できた、というお話です。

スポンサーリンク

Apple品質認定の整備済製品

MacBookPro は高すぎて新品じゃ購入していられない、なんて人のために、Macの整備済製品を購入するという方法があります。実はこれがかなりお得なんです。

整備済製品とは

Appleの整備済製品とは、元々は初期不良の修理品であったり、店頭に並べられていた製品で、Appleの厳しい品質基準をクリアし、新品同様に整備されたものです。かなり新品寄りの新古品、といった認識で間違いないと思います。

整備済製品は特別価格で購入できる上に、1年間の特別保証やAppleCareに入ることもできるので、新品と同じような感覚でありながら、新品より格安でApple製品を購入することができます。

Macの整備済製品

整備済製品のデメリット

新品同様で価格が安い整備済製品ですが、安いなりのデメリットもあります。ただ、これらをデメリットと感じるかどうかはあなた次第です。

入荷状況がわからない

整備済製品なので当然といえば当然ですが、欲しい製品がいますぐ購入できるとは限りません。在庫がなければ購入はできません。

さらに目当ての商品がいつごろ出てくるのか、また出てこないのかは誰にもわかりません。

カスタマイズできない

新品の醍醐味でもあるカスタマイズができません。メモリを増設したり、大容量のSSDを搭載したり、USキーボードにする、といった新品購入時に普通にできることはできません。

欲しいスペックが見つかるとは限らない

自分の欲しいスペック、色やキーボードタイプ(US、JIS)も含めて、なかなか見つからない可能性もあります。これも整備済製品の宿命なので、ある程度の妥協が必要になる場合もあります。

少しだけ目を瞑ればメリットしかない

上記デメリットの項目をそれほどデメリットと感じない人にとってみれば、これはメリットしかないと思います。主に以下のような方々です。

  • スペックよりも価格重視
  • 色にはこだわらない
  • 鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス

整備済製品を実際に購入してみた

ちょうどMacBookProが欲しくて欲しくてたまらなかった2017年3月下旬、整備済製品にMacBookProの13インチRetinaモデルが出てきました。タッチバー無しの一番下のモデルで色はシルバーです。

新品との価格比較(2017年4月4日現在)

実際に購入したタッチバー無しモデルと同モデルを新品購入した時の価格を比較してみます。

新品購入した場合

MacBookPro13インチモデル 新品価格

MacBookPro13インチ 2016モデル タッチバーなし メモリ8GB 256GB SSDモデル、新品でAppleのWEB上から購入する場合は税込みで160,704円です。

整備済製品を購入した場合

画像は2017年4月4日現在、整備済製品に上がっていた実際のものです。僕が購入時の画像は撮っていないのでこちらで代用させていただきます。製品、価格共に僕が購入したものと全く同じものです。

MacBookPro13インチモデル 整備済製品価格

同じモデルで整備済製品だと136,080円になります。なんと、新品より24,624円も安く購入できました。

24回払い金利無料キャンペーン中だった

購入時は24回払いまで0%ローンキャンペーン中だったため、無金利の24回ローンで月額わずか5,600円というなんだか拍子抜けしたような価格でMacBookPro13インチをゲットすることができました。お得感満載です。

※現在は2017年5月15日までショッピングローン 12回払いまで実質年利0%キャンペーン中です。




整備済製品まとめ、雑談

今回、初めてAppleの整備済製品を購入してみたんですけど、WEB注文時には、まるで新品でも買うかのような手続きでサクサクと進みました。

3月30日の夜中に運送会社の営業所留めで注文して、4月1日には到着していたので、わずか2日で届いたことになります。発送もとても迅速です。

営業所留めで注文する理由

余談ですけど、なぜ自宅ではなくわざわざ営業所留めで注文するのかについては、配達をしてくれるヤマト運輸のドライバーさんに負担をかけたくない、という建前がありますが、本音は嫁にMacBookProの購入を気取られないため、です。

かっこいいと評判で個人的にも欲しかったスペースグレイを注文しないで、従来のシルバーを購入した理由も同じ理由からです。

新品と変わらない内部構成

たぶん別記事にあげると思いますが、今回届いたMacBookProに関しては、見た目にまったく新品と変わらないと思います。充電器やUSBタイプCケーブルなども新品テイストです。

本体もビニールに入った状態で梱包されていて、開封動画でよく目にする「MacBookProのペリペリ剥がし」も普通に楽しめました。Appleロゴのシールも入っていました。

どんなに目を凝らしてみても傷ひとつ見当たらないですし、開いてみたら新品のように液晶の保護カバー付きで、いきなり起動、言語の初期設定が始まりました。

届いたMacBookPro (液晶が白く見えるのは保護カバーのため)
MacBookPro 初期設定

全てのMacBookProが同じ仕様かどうかはわかりません。あくまでも僕が今回購入したMacBookProのひとつの例として参考にしていただければと思います。

製品によっては、箱等の備品がないものもあるかもしれませんので、心配な方は購入時にAppleの「ショッピングのサポート」などで確認してみるといいかもしれません。

当ブログはロリポップサーバを利用して運営中です
当ブログはロリポップサーバーを利用中です。 ロリポップはこれからブログを始めたい初心者の方でも100%安心してサポートしてくれる心強いレンタルサーバーです。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。