Gmailで他のアドレスに自動転送する設定方法

Gmail Logo

最近、Gmailの自動転送の設定をしたので自分へのメモがわりに残しておきます。Gmailで他のアドレスに自動的に転送する設定をしたい方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

Gmailを開く

まずはGmailを開きます。Inbox by Gmailをお使いの方は、基本設定はInbox上ではできないので、Inbox右上にあるアプリ一覧よりGmailを開いてください。

Gmailアプリ一覧

InboxからGmailが開けない場合

Inbox by Gmailを使用している場合、Gmailを開こうとしても強制的にInboxが開いてしまうなんてことがあります。

そんなときはInbox上の「設定」→「その他」より「Gmailへのinbox.google.comへのリダイレクト」のチェックを外すと良いかもしれません。

Gmailへのinbox.google.comへのリダイレクト

Gmail設定

Gmail右上にある歯車マークより、「設定」を選択します。

Gmail設定
およそGoogleらしくない、個人的にはとても見にくいGmailの設定画面が出てきます。

メールの転送先アドレスの登録

メール転送設定の前に、下準備として転送先のメールアドレスの登録作業が必要になります。

Gmail設定内より「メール転送と POP/IMAP」タブを開きます。転送の項目のところにある「転送先アドレス追加」ボタンを押します。

Gmail メール転送と POP/IMAP

ウィンドウ内に転送したいアドレスを入力します。

Gmail 転送先アドレスの追加

確認コードの送信

入力したアドレス宛にGmailチームより転送認証のメールが送信されます。

メール転送には転送先の認証(許可)が必要

転送設定をするには、転送先アドレスの管理者の確認、認証が必要になります。許可なく勝手にメールを転送することができないような仕様です。

ここで認証されない場合にはメールの転送設定ができないため、連絡が可能であれば、先に転送先の相手に連絡をとって、転送設定の認証をしていただくように話を通しておくと良いかもしれません。

メール認証作業

転送先の方には、「Gmailの転送の確認」というメール内のリンクをクリックして「確認」ボタンを押してもらいます。

メールの内容 例
Gmailからの確認コード メール

これで認証作業は終わりですが、相手の環境によっては、リンクのクリックができない、もしくはクリックしても反応しない場合などがあるかもしれません。

そんな時には、相手にメール内の確認コードを教えてもらって、こちらでコードを手入力することで認証ができるようになっています。

上記どちらの方法でも良いので、相手側(転送先)の認証を得られれば、メール転送設定はほとんど終わったようなものです。

メール転送設定

ここからが実際にメールを転送する設定です。設定は大きく分けて以下の2つの方法があります。それぞれ説明します。

  • 全てのメールを転送する
  • 条件に一致したメールのみ転送する

全てのメールを転送する

Gmail設定より「メール転送と POP/IMAP」タブを開きます。

「転送」の項目にある「受信メールを****に転送して****」の部分を選択します。「****」の部分を設定することで、全てのメールが選択したアドレスに転送されるようになります。

Gmail 全てのメールを転送する

特定の条件に一致したメールのみ転送する

特定の条件に一致したメールだけを転送したい場合にはフィルタでメールを選別します。

新しいフィルタの作成

Gmail設定より「フィルタとブロック中のアドレス」タブを開き、下の方にある「新しいフィルタを作成」をクリックします。

Gmail フィルタの作成

from(送信元のアドレス)や件名、本文に含む(含まない)文字列などで条件を設定します。

フィルタの条件の例

特定のアドレスから送信されたメールだけを転送したい場合、fromの項目に転送したい送信元アドレスを入れます。

例えば、AさんからきたメールをBさんへ転送したい場合には、fromの項目にAさんのアドレスを入力してフィルタを作成し、次項「次のアドレスに転送する」のところでBさんのアドレスを選択します。

その他、メール内に必ず含まれる文字列がある場合には「含む」項目に文字を設定しておくことで、さらに条件の細かいフィルタリングが可能です。

「うんこ」を含むメールだけを転送する
Gmail フィルタの条件

条件を入力したら「この検索条件でフィルタを作成」を押して次に進みます。画像の例では「うんこ」というワードを含むメールだけをフィルタ条件として検出します。

「次のアドレスに転送する」にチェックをつけると、先に承認された転送先のアドレスが選択できるようになります。

Gmail 次のアドレスに転送

アドレスを選択して「フィルタを作成」ボタンを押すと設定完了です。

その他注意点など

フィルタは新着メールから有効

フィルタの転送設定はすでに届いているメールには適用されません。フィルタが有効になるのは、フィルタの設定をした後の新着メールからになります。

設定できるアドレスは1つのフィルタで1つまで

1つのフィルタで、1つのアドレスへしか転送設定できない仕様になっています。ここは一気に複数設定できると便利なのですが…。

転送先が複数ある場合には、同じ条件のフィルタを転送先の数だけ作成しなければなりません。転送するメールアドレス3つある場合、同じフィルタを3つ作成して転送先をそれぞれ変更しなければなりません。

当ブログはロリポップサーバを利用して運営中です
当ブログはロリポップサーバーを利用中です。 ロリポップはこれからブログを始めたい初心者の方でも100%安心してサポートしてくれる心強いレンタルサーバーです。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。