ARTISAN&ARTISTの長さを簡単に調整できるカメラストラップが劇的に良い件

art_001

カメラストラップが邪魔くさいなぁと思いまして、NEX-5Rを購入してからしばらくはストラップなしで使っていたんですけど、ストラップがないと外で使う時に割りと不便なんですよね。

しばらくは純正(最初から箱に入っていたストラップ)を使ってみたんですけど、使えば使うほどにストラップなしではいられない体にされてしまいました。やはりあると便利ですよねカメラストラップ。これがあるだけで首から下げて歩けば持ち運ぶ時にいちいちカバンにしまう必要もないですし、落としてしまう心配もない。

ただ、純正のストラップは黒色で少し無骨なアレでして、この際だからもう少し良いストラップはないものかと色々とネットで調べていたんですけど、たまたま良さげなものを見つけたので即効でポチってしまいました。アルティザン&アーティストのコレです。

長さを簡単に変えられるカメラストラップ

普通のカメラストラップを使ってみてまず第一に感じたことは、「カメラの使用用途によって長さの丁度良い部分が変わる」ということです。

単純に首から下げて歩いている時には、長いとブラブラしてしまって邪魔なのでできるだけ短いほうが良いですし、いざ撮るときには短いままだとストラップが邪魔をしてカメラをうまく構えることができません。

ちょうど良い長さはその時々で変化する
では長さの変えられない通常のストラップを手にした時、「撮ること」と「持ち歩くこと」のどちらに照準をあわせてストラップの長さを決めれば良いのでしょうか。

この考え方には個人差があると思いますが、僕は持ち歩くことに特化して短くしていました。歩く時にブラブラするととても邪魔に感じるし、何よりも高価で大切なカメラですし、一眼の中では比較的小さなカメラとはいえ、レンズ部分はそれなりに突起してますから、ブラブラさせてどこか硬い部分にゴンッとかやっちゃったらもう目も当てられない。

短くするとそのままの状態では引っかかってカメラを構えられないので、撮るときは腕を抜いて、状況によってはストラップを丸ごと首から外して撮ったりしていました。でも不便なんですよね。そこで目をつけたのがARTISAN&ARTISTのこの伸縮自在のカメラストラップです。

art_002

このカメラストラップはストラップについているリング上のパーツを引き上げるだけで長さを一瞬で短くすることができ、逆に引き下げるだけで瞬時に長くすることができます。これは一般的にありそうでなかなかない機能です。

撮る時にサッとストラップを長くしてそのままの姿勢で撮影、撮った後はリングをサッと引き上げて移動、みたいな使い方が簡単にできます。文章で書くとうまく説明できないのですが、使ってみるとこれが想像以上に便利なんです。

ARTISAN&ARTISTのサイトに動画があったのでこちらにも転載しておきます。ある意味これは狙いなのか、やや素人感がバリバリただよう動画になっています。が、ストラップの良い部分を表現するには充分な動画だと思います。

紹介動画

カメラストラップとしては少し高い感もありますが、とても丈夫でストラップの質感も素晴らしいですし、何より品質が良いです。このストラップは24mm幅と少し太めなので1日中持ち歩いても疲れません。疲れないのはNEX-5Rが軽いから、というのもあるとは思いますが。

カメラサイズによっては24mm幅だとストラップばかり目立ってしまうので、6mm幅テープバージョンもあります。こちらはピンク、ベージュ、パーブルから色を選べるみたいです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。